地域の福祉を豊かにする取り組み

そらとにじのいえでは地域の福祉を豊かにする取り組みとして、同法人で介護の業務に就いて下さる方の児童の保育料を無料にする取り組みを行っております。(※同法人で就労されない父母の児童の預かりも受け付けています。)

世田谷区は待機児童数が全国で1番多い地域と言われています(平成29年10月1日現在)。また、少子高齢化がこれからも進むことが分かっています。代表の榎本は介護の現場での人手不足と自身や会社の仲間が待機児童問題に自ら直面してきた中で、これらの問題にアプローチする必要性を強く感じていました。

そして、今回始めるのが同法人で介護の業務に就いて下さる方の児童の無償化です。働きたいのに働けないママたちに介護の仕事に触れてもらうきっかけを作ることで、これからも長く安心して暮らせる街にすることに少しでも貢献出来たらと考えて、このような取り組みを始めました。

同法人での介護業務の待遇の詳細などについては以下の通りです。

まごころ介護/介護業務待遇など

取り組みに賛同して下さる方からのご連絡をお待ちしております。